· 

自分の力で弾くためには・・・

ピアノを自分の力で弾けるようになるための一つとして、

音が読めることが大切になってきます。

 

「音が読める」の中には

その音が、ピアノのどこの場所を弾いたらいいのか

それもわかること。

音は、弾く場所を教えてくれる大切なメッセージです。

 

そして、その音はどの位(何拍)伸ばすのか、

音符の組み合わせでどんなリズムで演奏するのか、

どの指を使って弾けばスムーズに弾けるのか(指番号)、

いろんな情報を楽譜から読み取れることが大切。

 

一度にたくさんの事をするのは大変なので

生徒の皆さんには、

まず、音読みのフラッシュカードを使って

音が読めて、弾く場所もわかるようにトレーニングしています。

 

そして、リズムも大切。

毎回のレッスンで「リズムとソルフェージュ」の本を使って

練習をしています。

 

それでもリズムが上手くできない時は

そこだけ取り出しての練習。

 

自分の力で曲が弾けるようにするためには、

繰り返し練習が大切ですね。