· 

ペダルに慣れていきましょう

ピアノのペダル。

これは子供たちにとっても憧れの的。

 

一番右のペダルはサスティンペダルと言って

踏むと音がフワーッと広がり

なんかものすごくピアノが上手になった気になるようです。

 

でも

ペダルを使ってきれいな音楽にするにはコツがあります。

基本として、

かかとは床に(あるいは足台に)つけます。

そして、

足先はペダルに触れたまま静かに踏みます。

ペダルを上げるとき

無造作にパタンと上げるのではなく

静かに戻していきます。

これを演奏しながら行うので

初めての生徒にとっては一苦労。

でも、綺麗なんです。

 

そして大切なことは

ペダルは耳で踏む、ということ。

響いている音を聴き、

濁っていないか、綺麗に響いているか、

ペダルを上げる音がうるさくなっていないか、判断します。

 

また、音がずっとつながっているように聴こえるペダルは

踏みかえるタイミングを正しく行うこと。

これは実際にレッスンでお伝えしていきたいです。

 

少しづつペダルに慣れていくと

曲も豊かに響いてくれます。