· 

ピアノを弾くには楽譜を読めることが大切

ピアノを弾くうえで大切なことの一つに

楽譜を読めることがあります。

それを、読譜と言います。

 

読譜

つまり楽譜に書いてある音の名前がわかり、

その音を弾く場所がわかり、

その音の流れの中でのリズムがわかり、

どんな指番号で弾いていくとスムーズに弾けることができるのか

ということです。

 

これが分からないと

いつまでたっても自分の力で弾くことは難しいです。

 

その中の一つのトレーニングとして

みうら音楽教室ではフラッシュカードを使っています。

 

ピアノは両手で弾くことがほとんどなので

あえて楽譜と同じ大譜表で書かれています。

 

このカードのいいところは、

裏には、その音がピアノのどの鍵盤を弾くのか明記されているところ。

とても便利です。